相談事例

焼津の方より相続に関するご相談事例

2020年10月23日

Q:母の相続手続きの際に必要な戸籍について司法書士の先生に教えていただきたいです。(焼津)

先月、焼津にある実家に住んでいた母が亡くなりました。家族は私だけですので、私の判断で焼津市内の斎場で葬儀を執り行い、現在は相続手続きを進めています。先日、焼津にある銀行にて自分の戸籍と母の最近の戸籍を提出しましたが、それだけでは戸籍が足りず手続きできないと言われてしまいました。相続の手続きは初めてであるため、分からないことが多く悩んでおります。私の父は昔亡くなっており、また兄弟姉妹もいないため、おそらく相続人は私一人だと思われますが調べたわけではありません。他に必要な戸籍とはどういうことでしょうか。(焼津)

 

A:相続手続きにはお母様の出生から亡くなるまでの全戸籍を揃える必要があります。

相続手続きに入るためには、まず相続人を確定し、相続財産の全容を明らかにするためにも被相続人の出生から死亡までの戸籍が必要となります。戸籍収集は役所へ請求します。多くの方は人生の中で結婚や転勤などで複数回転籍をしていると考えられますので、籍を置いたそれぞれの土地の役所において戸籍を取り寄せることとなり、早めの対応が必要となります。戸籍から、お母様がいつ、誰と誰の間に生まれ、その両親のもとに何人兄弟がいるのか、誰と結婚し、子供が何人いるのか、そしていつ亡くなったかを確認することが出来ます。また、お母様が亡くなった時点で配偶者がいるのか、ご相談者様以外に子供がいるかなども確認することで、ご相談者様以外の相続人となる子(実子及び養子)の存在を調べることができます。

戸籍を請求する際は郵便での請求と取り寄せも可能ですので、各役所のホームページをご確認ください。

以上を踏まえ、下記の戸籍が必要となります。

・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本

・相続人全員の現在の戸籍謄本

焼津の皆様、相続についてのお手続きは初めてという方がほとんどです。また相続手続きには、時間や手間がかかるものです。静岡相続遺言プラザでは、相続の専門家である所員一同、焼津の皆さまの相続のお手伝いをさせて頂きます。静岡相続遺言プラザでは、相続手続き全般に関する焼津の皆様のお悩み事、金融機関への財産調査のお手伝い、その後の遺産分割協議まで合わせてサポートさせていただきます。焼津近隣にお住まいの方は、まずは静岡相続遺言プラザの無料相談をご活用ください。相続手続きを焼津で数多く手掛けている当プラザでは、それぞれのお客様に寄り添ったサポートをさせて頂いております。焼津の皆さまからのお問い合わせ、ご来所を心よりお待ちしております。

藤枝の方より頂いた相続放棄に関するご相談

2020年10月08日

Q:亡き姉の借金を相続したくないため、相続放棄について司法書士に相談をしたい。(藤枝)

私は藤枝に住んでいる40代の男性です。5か月ほど前、藤枝の他の地域に住む姉が突然亡くなり、親戚のみで葬式を行いました。姉には夫と子供がおり、姉家族との親交は姉の生前から深かったものの、私には関係ないものとして相続の話は全くしていませんでした。しかし、葬式も済み少し落ち着いていたところ、2カ月ほど前に姉の債権者から姉の借金返済を求める通知が送られてきました。相続の話はしたことがなかった上に、姉の夫と子供がなぜ相続人ではないかと尋ねたところ、既に姉の夫とその子は相続放棄を行ったとのことでした。私と姉の両親はすでに他界し祖父母もいないため、次の相続人にあたるのが私になり、借金返済の連絡をしたということでした。

姉夫からは以前からの親しみで余計に打ち明けにくかったということを伝えられたましたが、同じ藤枝に住んでいるにも関わらず相続について相談してくれなかったことに納得がいかず、相続放棄についても知らなかったので、自分なりに調べてみました。すると、相続放棄の期限が3カ月だとわかりましたが、姉が他界してからもう5ヶ月が経とうとしています。私が姉の夫の相続放棄を知ったのは2ヵ月ほど前のことですが、相続について何も知らされていなかったので借金返済はしたくありません。このまま相続放棄ができず、姉の夫に代わって姉の借金を返済しなければならないのでしょうか?(藤枝)

A:3か月以内に相続放棄を知ったのであれば、相続放棄の期限に間に合う可能性があります。

「自己のために相続開始を知ったときから3カ月以内」は、相続放棄の期限であります。被相続人が亡くなった日から数えるわけではないのでご安心ください。

したがって、今回のご相談に関しましては、ご相談者様はお姉様の死亡日から3ヶ月後に初めてご自分の相続が開始したことを知ったという事になりますので、その日から3カ月以内が相続放棄の期限となります。ご相談者様のお話では、債権者から請求が届いたのは2カ月前とのことですので、ご相談者様が直ちに家庭裁判所にて相続放棄の手続きを行っていただければ、法律上期限内の相続放棄は十分可能です。

また、相続放棄の期限を以前から知らなかったという人が、その法律を知った時から3カ月以内に相続放棄すれば大丈夫であるという意味ではございませんので、十分注意してください。日本の法律において、日本国籍を所有している成人は、法律を知らなかったという理由は認められないためです。

 

静岡相続遺言相談プラザでは、相続放棄などの相続や遺言に関しまして、初日無料相談を実施しております。静岡相続遺言相談プラザには、大変多くの藤枝での相続全般に関するご相談が寄せられております。遺産相続業務に特化した司法書士が在籍し、円満に遺産相続が進むよう親身に対応させていただいております。相続放棄の手続きや相続税など、藤枝の地域事情にも詳しい各分野の司法書士が連携してサポートするよう努めています。藤枝在住の皆さま、ぜひ静岡相続遺言相談プラザまでいつでもお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同藤枝の皆様の親身になってご対応し、しっかりとサポートさせて頂きます。

島田の方より相続についてのご相談

2020年09月07日

Q:相続する不動産の名義変更の流れについて、司法書士の先生に伺いたいです。(島田)

先月、島田の実家に住む私の父が亡くなりました。葬儀はなんとか済ませることができたのですが、次に行わなければならない遺産の相続について全く経験も知識もなく困っています。私は同じく島田で長年暮らす40代の主婦です。亡き父は島田市内に父名義で複数の不動産を所有しています。相続人は私と妹です。名義変更には難しい手続きがあるのだろうと予想していますが、初めてのことで何から進めればいいのかもわからず、専門家の先生にご相談したいのです。この後の不動産相続にあたり名義変更の手続きをどう進めたらいいのか教えてください。(島田)

 

A: 不動産を相続する際の、名義変更手続きについてお話いたします。

まず、不動産を相続する際の大まかな流れをご説明させていただきます。相続人の皆様で話し合いをおこない、遺産分割協議にて遺産の配分が決定されていたとしても、相続手続きはまだ完了ではありません。相続財産の名義が故人から、相続人へとうつす場合には、名義変更手続き(所有権移転の登記)を行う必要があります。この手続き済ませることで、第三者に対して、主張(対抗)ができるようになります。例えば、遺産を相続した後に売却する予定があったとしても、先に名義変更手続きをしなければなりません。

【名義変更手続きの流れ】

①相続人全員で遺産分割協議を行います。話し合いがまとまり、相続した不動産の分割方法の決定後、相続人全員で署名と実印で押印をした遺産分割協議書を完成させます。

②名義変更申請の際に添付する書類を揃える。

・法定相続人全員の戸籍謄本

・被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等

・住民票(被相続人の除票および相続する人の分)

・名義変更する不動産の固定資産評価証明書

・相続関係説明図…など

③登記申請書を作成する。

④名義変更の申請に必要な書類を法務局に提出する。

上記の流れに従い、相続手続きをしていただくことも可能ですが、遺産の相続は人生で何度も経験をするものではありませんので、困ってしまうのも当然だと思います。書類集め、登記申請書類の作成、法務局でのお手続き等、複雑で不安に思われることもあるかと思いますので、その場合はぜひ相続のプロに相談することをおすすめいたします。例えば、相続人に未成年者がいる場合や、行方不明で連絡が取れない等、ご家庭により様々なケースがあると存じます。さらにそもそもの遺産分割協議の進め方が分からないなどもなんでも相談する事が出来ます。相続人だけで手続きをすることに不安がある方は、専門家に相談すればスムーズに手続きが進むようサポートしてくれることでしょう。

 

静岡相続遺言相談プラザでは、遺言、相続に関するお手続きに特化し、ご相談者様の相談内容に合わせて幅広く対応しながらお手続きを進めさせていただいております。初回の相談は無料です。島田にお住まいの皆さま、相続に関して少しでもご不安がおありでしたらぜひ、静岡相続遺言相談プラザまでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

焼津の方より相続のご相談

2020年09月07日

Q:父が亡くなり、相続財産の調査をしているのですが、銀行通帳が見当たらず困っています。どうすればいいのか行政書士の先生にお伺いしたいです。(焼津)

先日、焼津市内の実家に住む父が亡くなりました。私は同じく焼津に住む50代の主婦です。市内の葬儀場にて無事にお葬式が終わり、相続について調べ始めました。生前、父はよく退職金には手を付けないで残していると口にしていたのですが、肝心の銀行口座の通帳とカードが見つかりません。どこの銀行かだけでもわかれば何とかなるのではと思ったのですが、それすらわからず途方に暮れています。相続人は母と私と弟の三人です。口座情報についてなにも分からない状態から、私たち家族で調べることはできますか?(焼津)

 

A:戸籍謄本を準備し、相続人の証明ができれば、銀行から残高証明書を取り寄せることが可能です。

はじめに、亡くなったお父様の遺品の中に、遺産について記した遺言書やエンディングノートがないかをご確認ください。通帳や口座情報をすべてご家族が把握していることのほうが珍しいので、どこかメモ等にまとめてあるかもしれません。通帳などの明確なものが見当たらない場合でも、銀行からもらった郵便物やカレンダー、タオルなどの粗品から推測し、問い合わることもあります。

なにかしらの手掛かりを見つけることができれば、相続人から銀行に対して亡きお父様の銀行口座の有無、残高、取引履歴などの情報開示を求めることができます。それでも、全く何も見つからない場合もあるかもしれません。この場合は自宅や会社のお近くの銀行へ、順に問い合わせをします。その際に、相続人であることを証明する必要がありますので、事前に戸籍謄本をご用意ください。スムーズな手続きのためにも必ず忘れないよう準備してから行きましょう。

相続の手続きは思った以上に複雑で思うように手続きが進まないこともあります。相談者様ご自身での調査が難しくてわからない、不安がある、などの場合はぜひ私たち静岡相続遺言相談プラザにおまかせくださいませ。経験豊富な行政書士が皆様のお悩みに寄り添い、戸籍の収集から財産調査、相続のお手続きまで幅広くサポートさせていただきます。

焼津にお住まいで、相続について相談をしてみたい方は、ぜひ静岡相続遺言相談プラザにお越しください。初回は無料で相談をお受けしております。焼津の皆様からのお問い合わせ、静岡相続遺言相談プラザのスタッフ一同、心よりお待ち申しあげております。

 

藤枝の方より頂いた相続についてのご相談

2020年08月08日

Q:相続について全く知識のないまま、夫が急逝しました。司法書士に相談することに躊躇しています。(藤枝)

藤枝に住んでいる60代の主婦です。私は幼少の頃に両親を亡くしていることもあり、相続に関して全くと言っていいほど知識がないまま、先日夫が急死してしまいました。急なことでしたので、なんとか藤枝の葬儀場で葬儀を終えたというような状況です。夫は藤枝にアパートを所有しており、私が相続することになると思います。相続手続きは期限もあると聞いたことがありますし、面倒な手続きというイメージがあり、何から手を付けたらいいのか分かりません。また、相続に関してはプライベートな内容ですので、相談できる人もおらず、ましてや専門家に相談するのは敷居が高く、途方に暮れています。こちらで相続について簡単に教えていただけないでしょうか。(藤枝)

A:相続には期限があるものもありますので専門家に相談しましょう。

まずは旦那様の遺言書が遺されてされていないかを確認してみて下さい。ご相談者様の旦那様は急逝されたので遺言書が残されている可能性は低いとは思われますが、昨今では遺言書を残される方も多く、遺言書の内容は民法で定められた法定相続よりも優先されますので必ず遺言書を探して下さい。

遺言書がない場合は、戸籍の調査をします。旦那様の出生から死亡までの戸籍謄本を役所にて取り寄せ、相続人を確定し、同時に相続人の戸籍謄本も取り寄せ、遺産相続の手続きに備えます。また、被相続人の相続財産についても調査し、相続財産目録を作成します。相続財産目録を作ることで、相続財産全体の内容が一目でわかるようになります。

必要書類を集めましたら、相続人全員による “遺産分割協議”を行います。遺産の分割方法を決め、“遺産分割協議書”に記載し、相続人全員で署名・押印を行うことで完成します。遺産分割協議書は相続により取得した不動産の名義変更の際に必要になりますので必ず作成しましょう。

以上が簡単な流れですが、このほかにも相続税の支払いの有無などを調べる必要があります。相続税には控除などがありますので相続税に特化した税理士などの専門家にご相談されることをお勧めします。専門家は敷居の高いものではありません。それよりも間違った相続税申告をしてしまい、多くの相続税を支払うことになったり、申告期限に間に合わずにペナルティを課されることを考えたら最初から専門家に相談する方が得策かと思われます。

静岡相続遺言プラザでは、相続の専門家である所員一同で藤枝の皆さまの相続のお手伝いをさせて頂きます。今回のご相談者様のように相続についての手続きは初めての方がほとんどです。相続人同士でうまくまとまらない相続手続きや、金融機関への財産調査のお手伝い、その後の遺産分割協議まで合わせてサポートさせていただくことが可能ですので静岡相続遺言プラザの専門家へご相談下さい。藤枝近隣にお住まいの方で相続に関するお困り事がございましたら、まずは静岡相続遺言プラザの無料相談をご活用ください。相続手続きを藤枝で数多く手掛けている当プラザでは、それぞれのお客様に寄り添ったサポートをさせて頂いておりますのでお気軽にご相談ください。藤枝の皆さまからのお問い合わせ、ご来所を心よりお待ちしております。

1 / 1812345...10...

初回のご相談は、こちらからご予約ください

0547-30-4010

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

「生前対策まるわかりBOOK」に静岡の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック静岡の専門家

当プラザを運営しております司法書士法人みらいふ 行政書士事務所みらいふ代表小寺が「生前対策まるわかりBOOK」に静岡の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別