相続遺言に関するご相談事例をご紹介いたします。

島田市

島田の方より相続に関するお問い合わせ

2021年03月02日

Q:父親が亡くなり、遺産分割について相続人同士で話し合いが済みました。遺産分割協議書を作る必要があるのか司法書士の先生にご相談です。(島田)

はじめてご相談させていただきます。私は島田に住んでいる主婦ですが、長年闘病していた父親が先日島田市内の病院で息を引き取りました。82歳でしたので、親族もある程度覚悟はしていましたが、いざとなると悲しんでいる余裕のないほどやらなければならないことが多く、父が亡くなったことを実感する余裕がないことに驚いています。葬儀を終え、遺品整理をおこなって、遺言書がないことは確認済みです。財産調査では、現金と自宅不動産しか見つかりませんでした。相続人は私と弟の2人のみで、遺産分割協議というほど大袈裟なものではないですが、先日遺産分割についての話し合いは終えました。借金もなく、このまま手続きを終えたいと思っています。遺産分割協議書は必ず作成しなければいけませんか?(島田)

 

A:遺産分割協議書は今後の手続きにおいて必要となることがあるので、作成し保管しておきましょう。

まず遺産分割協議書とは、被相続人の戸籍調査から確定した相続人全員で、遺産分割についての話し合い(遺産分割協議)を行い合意した内容を書面にとりまとめたものを言います。この遺産分割協議書は相続遺産に不動産などが含まれる場合、名義変更等の手続きに必要となります。また、話し合いで合意した内容を将来的に確認したい時や、内容について相続人同士で解釈の違いなどがあり争いに発展してしまった際に書面として確認するために必要になります。遺産分割協議書は全相続人の署名、実印にて押印を行う法的に有効となる書類ですのでぜひ作成しておきましょう。

【遺言書がない場合の相続手続きにおいて、遺産分割協議書が必要になるケース】

・不動産の相続登記

・相続税の申告

・金融機関の預金口座が多い場合(遺産分割協議書がないと、全ての金融機関の所定用紙に相続人全員の署名押印が必要)

・相続人間のトラブルが予想される場合

島田の皆様、相続は人生のうち何度も経験することではなく、不安を覚えるのは普通のことですのでご安心ください。静岡相続遺言プラザでは、相続の専門家である所員一同で島田の皆さまの相続のお手伝いをさせて頂きます。相続は面倒な手続きも多く、相続人の調査、財産の調査等、思うように進まず時間がかかってしまう場合もございます。島田近隣にお住まいの方で相続に関してお困り事がございましたら、まずは静岡相続遺言プラザの無料相談をご活用ください。島田にお住まいのご相談者様のご状況にあわせて、様々なご提案をさせて頂きます。島田の皆様からのご連絡をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

島田の方より相続のご相談

2021年02月15日

Q:司法書士の先生にご相談があります。父が亡くなり、遠方にある不動産を相続しました。相続手続きを地元で行うことは出来ませんか?(島田)

はじめまして、私は島田に住む会社員です。先月父が亡くなり、私が相続財産である遠方の不動産を相続することになりました。父の親族はもともと沖縄に住んでいたため、父は沖縄の不動産をいくつか所有しています。私は3人兄弟の長男で、私たち3人が相続人です。父の財産はほかに島田の実家と現金が数千万円です。兄弟で話し合ったところ島田の実家と沖縄の不動産は私が相続し、現金を弟2人が相続することになりました。

不動産相続の手続きはその不動産のある法務局で行わなければなりませんか?私は現金を相続していないため、沖縄に何度も通うための金銭の余裕はありません。遠方の土地の不動産相続手続きを島田の法務局ですることはできないでしょうか。(島田)

 

A:不動産相続手続きの申請は①窓口申請、②オンライン申請、③郵送申請からお選びいただけます。

不動産相続の手続きはその不動産の所在地を管轄する各法務局(支局・出張所)で相続登記申請する必要があり、不動産が他県にまたがり複数ある相続においては、不動産の所在地の法務局で手続きを行わなければなりません。管轄する法務局については法務省のホームページで確認して下さい。

不動産相続手続きの申請は各地域に赴いて手続きをしなければいけないわけではなく下記からお選びいただくことが可能です。

①窓口申請:現地の法務局の窓口において申請します。平日のみ開局していますので注意してください。

②オンライン申請:パソコン等を用いてオンライン上で申請します。日本全国の法務局が対応していますので、遠方の不動産であっても渡航費用なく申請できます。「申請用総合ソフト」で登記申請書を作成し、管轄の登記所に送信します。

③郵送申請:申請書を作成し、郵送で申請します。不動産が遠方の場合、経費と時間を節約することができますが、申請内容にミスがあると指摘された場合はさらなる時間と労力がかかる点に注意しましょう。

 

不動産の登記申請には申請書の書き方や決まり事など多くのルールがあります。ミスを指摘された場合、申請者自身で修正をしなければなりませんので、細心の注意を払って作成するようにしましょう。必ず返信用封筒を同封し、簡易書留以上の方法により郵送するようにしてください。

 

相続のお手続きをご自身でされることにご不安な方、お時間がなく面倒と思われる方は相続のプロである静岡相続遺言相談プラザの専門家にご相談ください。

また相続の手続きでは多くの資料を収集し、手続きを行わなければなりません。収集方法で分からないことやご心配な事がございましたら、お気軽にお問い合わせください。静岡相続遺言相談プラザの専門家が島田の皆様の親身になってお手伝いをさせていただきます。静岡相続遺言相談プラザの初回無料相談の場で島田のお客様のご状況にあわせて相続についてわかりやすくご説明させて頂きます。島田の皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

島田の方より相続についてのご相談

2021年01月08日

Q:亡き父の相続人である認知症を患う母は相続手続きができません。どうしたら良いか司法書士の先生のアドバイスを頂戴出来ますでしょうか。(島田)

父の相続について司法書士の先生にご相談があります。先日、島田の自宅マンションで暮らしていた父が亡くなり、葬儀を済ませたところです。父には、島田にある自宅マンションと預貯金が2000万円ほどあり、相続人について調べたところ、母と私と妹の3人でした。これから相続手続きを始めようと思っているのですが、実はホームで暮らす母は認知症で、相続手続きはもちろん、日常生活も一人では出来ず、介護を要する状態です。このような場合の相続手続きはどうしたら良いか困っています。私や妹が母の代わりに相続手続きをすると法律違反になりますか?(島田)

 

A:認知症の方が相続手続きをされる場合は、成年後制度を活用しましょう。

まず、正当な代理権なく認知症のお母さまに代わって相続手続きを行う等の行為は違法となりますのでご注意ください。認知症等により判断能力が不十分とされると、法律行為である遺産分割の手続きはできません。このような場合の相続手続きは成年後見制度を活用することをお勧めします。成年後見制度を活用し、成年後見人を立てることで、認知症、知的障害、精神障害などで意思能力が不十分な方が相続人にいらっしゃる場合の相続手続きを成年後見人が本人に代わって行うことができます。

家庭裁判所に申立てを行うことで家庭裁判所が相応しい人物を成年後見人として選任しますが、下記に当たる人物は成年後見人にはなれませんのでお気をつけください。また、成年後見人が選任されると、遺産分割協議後も法定後見制度の利用が継続することになります。その後のお母様の生活にとって必要かどうかじっくり検討されてから判断されることをお勧めします。

【成年後見人とはなれない者】

  • 未成年者
  • 家庭裁判所で解任された法定代理人、保佐人、補助人
  • 破産者
  • 本人に対して訴訟をした又はしている人、その配偶者、その直系血族
  • 行方不明者

 

静岡相続遺言相談プラザでは、遺言、相続の専門家が、島田の皆様の相談内容に最適な方法をご提案し、お手続きを進めさせていただいております。今回のご相談者様のように相続人の中に、認知症や障がいなどによって意思判断能力の乏しい方が含まれる場合には、島田の地域事情にも詳しい当プラザの専門家に一度ご相談されることをお勧めいたします。初回の相談は無料ですので、相続に関してのお困り事がおありの島田の皆さまは、静岡相続遺言相談プラザまでお気軽にお問い合わせください。スタッフ一同島田の皆様からのご連絡をお待ちしております。

1 / 1012345...10...

初回のご相談は、こちらからご予約ください

0547-30-4010

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

「生前対策まるわかりBOOK」に静岡の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック静岡の専門家

当プラザを運営しております司法書士法人みらいふ 行政書士事務所みらいふ代表小寺が「生前対策まるわかりBOOK」に静岡の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別