相続遺言に関するご相談事例をご紹介いたします。

相続手続き

焼津の方より相続についてのご相談

2022年03月01日

Q:実母の再婚相手が亡くなった場合、娘である私は相続人にあたるのでしょうか。司法書士の先生教えてください。(焼津)

私の実の両親は私が25歳の時に離婚し、その後母は別の方と再婚し、焼津で暮らしていました。その方との間に子供はいません。母から話は聞いていたものの、直接の交流はありませんでしたが、先日、その再婚相手の方が亡くなったと母から連絡がありました。

しばらくしてから母に、母の娘である私も再婚相手の方の相続人にあたるので、相続手続きを取りまとめてほしいと頼まれ困惑しています。母の再婚相手とはいえ、よく知らない方の相続に巻き込まれたくもありませんし、私は焼津から離れて仕事もしていますので、手続きの時間を割けそうにもありません。そもそも私は実母の再婚相手の法定相続人にあたるのでしょうか。(焼津)

 

A:お母さまの再婚相手の方と養子縁組をしていなければ、相続人にはあたりません。

亡くなった方の“子”で法定相続人となるのは亡くなった方の実子か養子に限ります。成人が養子になるためには養親または養子が届出人の本籍地または住所地へ養子縁組届を提出し、双方の自署押印が必要となります。つまり、ご相談者様が把握していないところで勝手にお母様の再婚相手の方と養子縁組をされていることはありませんので、ご安心ください。

もしもご相談者様が再婚相手の方と養子縁組をしていた場合にはその方の相続人にあたります。養子縁組していたとしても、相続をしたくない場合には相続放棄の手続きをすることで相続をする権利をすべて放棄することが可能です。相続放棄を検討している場合、相続放棄の手続きは相続が発生することを知った日から3ヶ月以内にしなければならないという期限が定められていますので早めに手続きを行う必要があります。

 

静岡相続遺言相談プラザでは焼津や焼津近郊にお住まいの皆様の相続に関するお悩みをお伺いしております。

静岡相続遺言相談プラザは相続手続きの専門家として、焼津にお住まいの皆様をはじめ、焼津周辺の皆様から多くのご相談、ご依頼をいただいております。静岡相続遺言相談プラザではご依頼いただいた皆様の相続手続きについて、焼津の地域事情に詳しい専門家が親身になってサポートさせていただきます。まずは静岡相続遺言相談プラザの初回無料相談をご利用のうえ、お気軽にご相談ください。静岡相続遺言相談プラザのスタッフ一同、焼津の皆様、ならびに焼津で相続手続きができる事務所をお探しの皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げます。

藤枝の方より相続についてのご相談

2022年02月01日

Q:母が亡くなり、相続手続きをすることになりました。手続きにはどのような戸籍を用意すればいいのでしょうか。司法書士の先生、教えてください。(藤枝)

藤枝に住む50代の主婦です。

同居していた母が亡くなり、同じく藤枝に住む妹と一緒に相続手続きを行っております。父はすでに亡くなっており、相続人は私と妹の2人です。

遺産分割について妹との話し合いを終え、銀行で手続きを行おうと思っているのですが銀行へ行くにあたってどのような戸籍を用意すればいいのでしょうか。(藤枝)

 

A:相続手続きを行うためには亡くなった方(被相続人)が生まれてから亡くなるまでのすべての戸籍を集める必要があります。

相続手続きを行う際に必要な戸籍は以下のものがあります。

・被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本

・相続人全員の現在の戸籍謄本

被相続人が生まれてから亡くなるまでの戸籍には、その方の両親の氏名、その両親の間に子供が何人いるか、結婚歴やその結婚した人の氏名、子供が何人いるか、亡くなった日時などの情報がすべて記載されています。この戸籍を確認することで、お父様に配偶者がいるのかどうか、隠し子や養子がいないのか等確認することができます。万が一お父様にご相談者様が把握していない子供がいた場合にも、相続が発生しますので、早めに戸籍を取得し、確認しましょう。

戸籍の取得方法としては、亡くなった方の最後の本籍地を管轄する役所へ出生から死亡までの戸籍を請求します。請求をすると、その役所にある戸籍は出してもらうことができますが、多くの方は結婚や引っ越しなどにより複数回転籍をしており、1つの役所ですんなり揃うことは滅多にありません。揃わない場合には戸籍の内容を読み取り、従前の戸籍を別の役所へ新たに請求し、すべての戸籍を揃える必要があります。

役所が遠方にあり、直接役所へ出向くことが難しい場合には郵便での請求・取り寄せをすることができますので各役所のホームページでご確認ください。郵便での請求の場合、資料が足りなかった、などにより余計に時間がかかることがありますので早めに手続きを進めていきましょう。

相続手続きは戸籍謄本を揃えるだけでも想像以上に時間や労力がかかり、お困りの方も多くいらっしゃいます。藤枝近郊にお住まいで相続に関してお困りの方は静岡相続遺言相談プラザへご相談ください。藤枝にお住まいの皆様の親身になって相続手続きのサポートをさせていただきます。初回のご相談は無料でお伺いしておりますので、小さな疑問からお気軽にご相談ください。藤枝近郊にお住まいの皆様、ならびに藤枝近郊で相続に詳しい司法書士事務所をお探しの皆様のお問い合わせを所員一同、心よりお待ち申し上げております。

焼津の方より相続についてのご相談

2022年02月01日

Q:父の相続が発生しましたが、銀行の通帳が見つからなくて困っています。司法書士の先生、どうすれば良いでしょうか。(焼津)

司法書士の先生、相続が発生したものの困ったことになっているのでお力を貸してください。
私は実家のある焼津で夫と二人暮らしをしている50代主婦です。先月のことですが、焼津の実家に住む父が亡くなりました。焼津市内の葬儀場で無事に葬式を済ませ、現在は相続手続きを始めるために、相続人となる母と私と弟の3人で遺品整理をしている最中です。
母がいうには父には手つかずの退職金が入った銀行口座があるそうですが、その口座の通帳とカードがいくら探しても見当たりません。どこの銀行だったかもわからないようで、直接問い合わせたくてもできないような状況です。
このような場合、父の口座があった銀行を私たち家族だけで調べることはできるものなのでしょうか?(焼津)

A:相続手続きを進めるために、まずは利用していた銀行に関する手がかりを探しましょう。

相続人には被相続人の口座の有無や残高証明、取引履歴などの情報について、銀行に開示請求できる権利があります。お父様が利用していた銀行名さえ判明すれば、通帳やカードがなくても相続手続きを進めることは可能です。

そのためにも、まずはお父様が相続財産について書き記したと思われる終活ノートやメモなどを探してみてください。そのなかに銀行口座や通帳・カードに関する情報が記載されている可能性がありますが、記載がない、もしくは終活ノートやメモなどが残されていない場合は、銀行から送られてきた郵便物や粗品、カレンダーなどがないかを確認します。
それでも銀行名が判明しないようであれば、焼津のご実家やお父様のお勤め先の近くにある銀行に直接問い合わせてみましょう。

ただし、被相続人の口座に関する情報開示を請求するには、ご相談者様が相続人であることを証明しなければなりません。あらかじめ戸籍謄本を用意しておけば、銀行での手続きをスムーズに進めることが可能です。
なお、今回の相続人はお母様とご相談者様、弟様とのことですが、用意する戸籍謄本はどなたか1名のみで構いません。

相続が発生するとさまざまな相続手続きが必要となり、専門的な知識がないと思うように相続手続きが進まず、時間ばかりが過ぎてしまうことも珍しくありません。そのような場合はぜひ静岡相続遺言相談プラザまで、まずはお気軽にご相談ください。静岡相続遺言相談プラザでは焼津はもちろんのこと、焼津近郊にお住まいの皆様の遺産相続・遺言書に関するお悩みやお困り事を全力でサポートしております。

初回無料相談を行っておりますので、司法書士ならびにスタッフ一同、焼津・焼津近郊にお住まいの皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

1 / 2912345...1020...

初回のご相談は、こちらからご予約ください

0547-30-4010

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

「生前対策まるわかりBOOK」に静岡の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック静岡の専門家

当プラザを運営しております司法書士法人みらいふ 行政書士事務所みらいふ代表小寺が「生前対策まるわかりBOOK」に静岡の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別