遺言書作成

ここでは遺言書についてご説明いたします。まず、遺言とは、自身の死後の財産などについてを書き記すものです。どの財産をどれくらい、誰に相続してもらうのか、自身の死後の身の回りの事柄についてを伝えるものです。

そしてただ伝える だけではなく、遺言書は法的効力ももちます。 しかし、法的効力のある遺言書は、法律の形式に従って正しく作成しなければ、無効な遺言書になってしまうこともあります。

法的効力をもつ遺言書種類、作成方法等をご紹介いたします。 遺言書の種類として、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言があります。 中でも、 公正証書遺言は遺言の実効性をより確実にするために最適な遺言方法です。

遺言者が亡くなった後、残された家族は遺言書の内容通りの相続を進めていきます。
きちんと法的な効力を発揮する遺言書を作成するためには、遺言書の記入する必要事項や作成方法を把握したうえで作成する必要があります。
せっかく作成した遺言書が無効な遺言書にならないように遺言書について、きちんと確認しておきましょう。

遺言書作成 その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

0547-30-4010

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別