相続財産の調査と評価

ここでは、相続財産の調査と評価についてご案内いたします。

相続税申告の際には、きちんと相続財産を調査して、適正に評価していく必要があります。何をどのように評価するか、その手続きは明確に決まっていますので、自分で勝手にこれは入れ無くて良いやなどと判断してしまうと、過少申告になってしまい、その時は安く税金の申告が出来るかもしれませんが、結局のところは、過少申告のペナルティを受ける事になりかねません。相続財産の調査及び評価はご自身では判断できないものもありますので、専門家に相談するとよいでしょう。

相続財産の評価についていくつか簡単にお伝えしますと、下記のような形となります。

  • 預貯金の評価: 過去3年間への相続人への贈与は持ち戻して計算する
  • 不動産の評価: 最低限の基本は、路線価 × ㎡数 になります
    ※不動産の評価は、専門の税理士によって大きく変わります
  • 証券の評価: 過去3カ月で最も低い金額にて計算する

相続財産の調査と評価について下記にてご確認ください。

相続財産の調査と評価 その他のコンテンツ

初回のご相談は、こちらからご予約ください

0547-30-4010

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別